日本のインテリジェンス

岩下哲典 著

二〇一一年三月十一日東日本大震災、そのとき日本のインテリジェンスはいかに機能したか?インテリジェンスの源流をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 3・11とインテリジェンス
  • 第1章 江戸時代後期のインテリジェンス-日露交流史と代表的洋学者箕作阮甫
  • 第2章 幕末のインテリジェンス-アヘン戦争から開国へ
  • 第3章 明治・大正のインテリジェンス-秋山好古の軍事郵便と後藤新平の対ソ外交
  • 第4章 昭和のインテリジェンス-スパイ・ベラスコと須磨弥吉郎
  • 終章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のインテリジェンス
著作者等 岩下 哲典
書名ヨミ ニホン ノ インテリジェンス : エド カラ キン ゲンダイ エ
書名別名 江戸から近・現代へ
出版元 右文書院
刊行年月 2011.11
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8421-0744-8
NCID BB07520225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想