ガロア偉大なる曖昧さの理論

梅村浩 著

[目次]

  • 1 ガロア-1811‐1832(ブール・ラ・レーヌ
  • 世界一ロマンチックな数学者は誰か? ほか)
  • 2 ガロア理論=「曖昧さ」の理論(野口英世
  • 19世紀風に ほか)
  • 3 ガロア狂詩曲(マントヒヒと数学者
  • 微分方程式のガロア理論のたどった運命 ほか)
  • 4 数学の基礎(集合と写像
  • 群 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガロア偉大なる曖昧さの理論
著作者等 梅村 浩
書名ヨミ ガロア イダイナル アイマイサ ノ リロン
書名別名 Garoa idainaru aimaisa no riron
シリーズ名 双書・大数学者の数学 8
出版元 現代数学社
刊行年月 2011.11
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7687-0393-9
NCID BB07397209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想