3.11東日本大震災看護管理者の判断と行動 : 患者・スタッフをどう守ったか : 変化する災害対策への実践的指針!

山崎達枝 監修

瞬時の判断を求められたその時、何ができて、何ができなかったか?必ず来る「その日」への備えと対応!患者・スタッフをどう守ったか。変化する災害対策への実践的指針。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東日本大震災からの学び
  • 津波で病院機能が失われた中で(岩手県立大槌病院-地震、津波、火災の中、危機を乗り越えた記録
  • 岩手県立高田病院-病院再建に向けて毎日がドラマ ほか)
  • 大震災の中いかに看護を継続したか(岩手県立釜石病院-倒壊の恐れのある病院で、津波に襲われた地域で
  • 岩手県立千厩病院-近隣病院の一病棟の患者・看護師を受け入れて ほか)
  • 原発事故の不安の中で(福島県厚生農業協同組合連合会双葉厚生病院-原子力災害に伴う緊急避難を経験して
  • いわき市立総合磐城共立病院-地震・津波・原発事故への看護対応 ほか)
  • 被災地支援の立場から(新潟県中越地震の経験を踏まえて見た被災地
  • 国立国際医療研究センター-発災直後のDMATの活動の実際 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3.11東日本大震災看護管理者の判断と行動 : 患者・スタッフをどう守ったか : 変化する災害対策への実践的指針!
著作者等 山崎 達枝
書名ヨミ 3 11 ヒガシニホン ダイシンサイ カンゴ カンリシャ ノ ハンダン ト コウドウ : カンジャ スタッフ オ ドウ マモッタカ : ヘンカスル サイガイ タイサク エノ ジッセンテキ シシン
書名別名 3 11 higashinihon daishinsai kango kanrisha no handan to kodo
出版元 日総研
刊行年月 2011.10
ページ数 173p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7760-1570-3
NCID BB0754577X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
いわき市立総合磐城共立病院地震・津波・原発事故への看護対応 坂元和子
仙台社会保険病院腎疾患の専門病院として支援透析に当たって 水上智加子
仙台赤十字病院外来看護師長としての判断と行動 菊池真紀子
公立志津川病院避難所で必死に守った地域医療 星愛子
医療法人社団仁明会齋藤病院孤立した民間病院を救った「個」の支援の力 菊池里子
原発事故の不安の中で 福島県厚生農業協同組合連合会双葉厚生病院原子力災害に伴う緊急避難を経験して 西山幸江
国立国際医療研究センター発災直後のDMATの活動の実際 中村香代
大震災の中いかに看護を継続したか 岩手県立釜石病院倒壊の恐れのある病院で, 津波に襲われた地域で 隈本美香子
女川町立病院その時々でベスト・ベターな対応を 高橋洋子
岩手県立千厩病院近隣病院の一病棟の患者・看護師を受け入れて 松戸アサ子
岩手県立高田病院病院再建に向けて毎日がドラマ 佐藤悦子, 千葉瑠美子, 大久保勝子, 鈴木靖子
帝人在宅医療株式会社被災地に酸素ボンベを届け続けるために 松本忠明
日本赤十字社和歌山医療センター継続して求められる心のケア 芝田里花
東北大学病院被災病院を支援する大学病院で 畠山里恵
東日本大震災からの学び 山崎 達枝
気仙沼市立病院私たちを救った40人の新しい仲間 熊谷律子
津波で病院機能が失われた中で 岩手県立大槌病院地震, 津波, 火災の中, 危機を乗り越えた記憶 沼崎榮子
石巻赤十字病院被災地の最前線で実感した「つながり」の力 金愛子, 阿部清美, 高橋純子, 高橋静子
福島労災病院東日本大震災と原発事故の中での看護体験から 古屋敷智恵美
被災地支援の立場から 新潟県中越地震の経験を踏まえて見た被災地 佐藤和美
財団法人宮城厚生協会坂総合病院迅速な対応を可能にした防災訓練の成果 斎藤弘子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想