電気の缶詰を開ける話

松下 清彦【著】

工夫を凝らしながら楽しそうに働く"職人"が美しい日本人の原点。「被災地に新たな工場を」を目標に試行錯誤は今日も続く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本当の復興とは?
  • なぜ高杉晋作なのか
  • 宿命
  • 逆縁の菩薩
  • 日本がダメなら
  • 天才木下博道氏との出会い
  • 木下ファンになる
  • 木下さんの弟子たち
  • 美しいものは正しい
  • アメリカで日の目を見るか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電気の缶詰を開ける話
著作者等 松下 清彦
書名ヨミ デンキノカンズメヲアケルハナシ
出版元 講談社ビジネスパートナーズ
刊行年月 2011.11.3
ページ数 156p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-87601-952-6
NCID BB08682368
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想