気候変動と国際協調 : 京都議定書と多国間協調の行方

亀山康子, 高村ゆかり 編

変化の時、多国間協調はどこにいくのか。震災後の「変化」の中で、気候変動にいかに立ち向かうか。京都議定書後の国際枠組みをめぐる国際情勢を総検討し、その行方と日本の立ち位置を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 気候変動レジームをめぐる諸理論(国際関係論からみた気候変動レジームの枠組み
  • 気候変動レジームの意義と課題)
  • 第2部 気候変動レジームの構成要素(炭素市場の構築
  • 気候資金を巡る国際交渉と今後の展望
  • 国際的取り組みにおける森林の扱いと今後の方向性
  • 適応策に関する議論の概要と今後の国際的取り組みの方向性)
  • 第3部 主要国の動向(米国:国内政治から見た気候変動政策
  • 米国:エネルギー技術政策と気候変動政策
  • 国際的気候変動政策に関するEUの政策決定
  • 欧州における排出削減目標差異化へのアプローチ
  • 国際機構変動レジームにおける中国の交渉ポジションと国内政治
  • ロシア:国内の政治経済と気候変動政策
  • ロシア:エネルギー政策と気候変動政策
  • インドの気候変動政策)
  • 結論(気候変動レジームの行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気候変動と国際協調 : 京都議定書と多国間協調の行方
著作者等 亀山 康子
高村 ゆかり
書名ヨミ キコウ ヘンドウ ト コクサイ キョウチョウ : キョウト ギテイショ ト タコクカン キョウチョウ ノ ユクエ
書名別名 Kiko hendo to kokusai kyocho
出版元 大学図書
慈学社
刊行年月 2011.11
ページ数 407p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903425-71-9
NCID BB07331685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想