新世紀の英語文学 : ブッカー賞総覧2001-2010

高本孝子, 池園宏, 加藤洋介 共編

イギリスの最も権威ある文学賞、ブッカー賞の過去10年間の作品を完全網羅!2001‐2010年の全受賞作品および有力作家の作品についての論考16編に加え、全最終候補作品60編のあらすじをカバーした本書は、英語小説の最近の動向を知りたい人にとって必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 過去10年間のブッカー賞
  • 『ケリー・ギャングの真実の歴史』におけるトマス・カーナウの真実の歴史
  • 空腹と食欲の物語-ヤン・マーテル『パイの物語』
  • モードとスウの関係についての考察-『フィンガースミス』と『いばら姫』から見えてくるもの
  • 『ヴァーノン・ゴッド・リトル』における視線の暴力
  • 破局への序章-『オリクスとクレイク』におけるリアリティーの崩壊
  • 「豪奢な不思議の国」の客人-アラン・ホリングハースト『美の曲線』
  • 「虚構の家」-コルム・トビーン『巨匠』の"内"と"外"
  • ジョン・バンヴィルの『海』の方法
  • コナン・ドイルの虚構の伝記と探偵小説-ジュリアン・バーンズ『アーサーとジョージ』
  • 人間としての生き方を求めて-カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
  • 帝国との共犯性という遺産-キラン・デサイ『喪失の継承』
  • ヘガティ家の罪と罰-アン・エンライト『集い』
  • 「人間」になりたかったホワイト・タイガー-自己検証の旅
  • 『ウルフ・ホール』とインギリッシュネス-トマス・クロムウェルにおけるステートとネーション
  • 「非現実な現実」を描くおとぎ話-A・S・バイアット『子供たちの本』
  • アイデンティティを求めて-ハワード・ジェイコブソン『フィンクラーの問題』
  • ブッカー賞2001-2010年-受賞作および最終候補作全梗概

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世紀の英語文学 : ブッカー賞総覧2001-2010
著作者等 加藤 洋介
池園 宏
高本 孝子
書名ヨミ シンセイキ ノ エイゴ ブンガク : ブッカーショウ ソウラン 2001 2010
出版元 開文社
刊行年月 2011.10
ページ数 392p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87571-060-8
NCID BB07156348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想