プリーモ・レーヴィ : アウシュヴィッツを考えぬいた作家

竹山博英 著

絶滅収容所からの帰還。元素の目、動・植物の目、精神の目で過酷な人間の運命を見据えつづけた作家・化学者プリーモ・レーヴィの日本で初めての評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 評伝(生い立ち
  • ファシズムと人種法
  • レジスタンス ほか)
  • ANED(抑留者協会)での証言
  • 証言集1〜10(アルベルト・カヴァリオン
  • エルネスト・フェッレーロ
  • フェッルッチョ・マルッフィ ほか)
  • エッセイ(レーヴィの上着
  • 日本語ノート
  • ニッケルと石綿 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリーモ・レーヴィ : アウシュヴィッツを考えぬいた作家
著作者等 竹山 博英
書名ヨミ プリーモ レーヴィ : アウシュヴィッツ オ カンガエヌイタ サッカ
書名別名 Purimo revi
出版元 言叢社
刊行年月 2011.10
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86209-038-6
NCID BB07310619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想