ヒューム希望の懐疑主義 : ある社会科学の誕生

坂本達哉 著

18世紀、資本主義確立途上の時代に、神なき世界を生きる諸個人が創る、真の社会秩序を探究したヒューム。社会科学の定礎者ヒュームの思想形成を精緻に描き出す。ヒューム生誕300年。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヒューム社会科学の形成と展望-いまなぜヒュームか
  • 第1部 出発(ヒュームにおける社会科学の生誕
  • ヒュームの正義論の特質と意義-所有権論と経済論
  • ヒュームの人間労働観とインダストリ論)
  • 第2部 発展(スコットランド啓蒙における「学問の国」と「社交の国」
  • いわゆる「初期覚え書き」とヒューム経済思想の形成
  • ヒューム経済思想の歴史的文脈)
  • 第3部 展望(共和主義パラダイムにおける古代と近代
  • 一八世紀文明社会と「中流身分」のアンビバレンス
  • 日本におけるイギリス思想史研究の一特質-いわゆる「市民社会」論の伝統をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒューム希望の懐疑主義 : ある社会科学の誕生
著作者等 坂本 達哉
書名ヨミ ヒューム キボウ ノ カイギ シュギ : アル シャカイ カガク ノ タンジョウ
書名別名 Hyumu kibo no kaigi shugi
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.10
ページ数 407, 33p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1879-8
NCID BB07220141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想