山崎闇斎と李退渓

岡田武彦 著

敬義・存養の日本的朱子学の確立-門弟六千といわれ神儒を兼学し、後世大きな影響を与えた崎門学の祖・山崎闇斎の学問の特質を究明。彼が尊信した朝鮮の儒者李退渓に関する論文も付録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山崎闇斎(略伝
  • 保科正之と闇斎
  • 朱子学の表彰
  • 朱子学継承の態度
  • 人倫の尊重と異端排斥 ほか)
  • 付録(闇斎学の精神-儒学を中心として
  • 山崎闇斎-その精神というもの
  • 楠門学と李退渓-闇斎の学と退渓の道
  • 李退渓と元明儒学
  • 退渓学の評価について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山崎闇斎と李退渓
著作者等 岡田 武彦
書名ヨミ ヤマザキ アンサイ ト リ タイケイ
シリーズ名 岡田武彦全集 22
出版元 明徳出版社
刊行年月 2011.10
ページ数 410p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89619-476-0
NCID BB07139586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想