マルベリーの恵み : ハーブとしての桑の歴史と有効性の評価

井上重治 著

桑の実、桑葉、桑白皮、桑枝の保健効果をまとめた世界最初の専門書。生薬としての桑の歴史や科学的根拠に基づいた桑の有効性評価を幅広く収載しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに(マルベリーツリー(桑の木)について
  • 秩父地方における養蚕業の歴史 ほか)
  • 第1部 マルベリー(桑の実)(マルベリーとその生産
  • マルベリーにはどんな成分が含まれているか ほか)
  • 第2部 マルベリーリーフ(桑葉)(マルベリーリーフの主要成分とその化学構造
  • マルベリーリーフと主要成分の薬理作用 ほか)
  • 第3部 マルベリーバーク(桑白皮)(マルベリーバークの主要成分の化学構造
  • マルベリーバークとその成分の薬理作用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルベリーの恵み : ハーブとしての桑の歴史と有効性の評価
著作者等 井上 重治
書名ヨミ マルベリー ノ メグミ : ハーブ ト シテノ クワ ノ レキシ ト ユウコウセイ ノ ヒョウカ
出版元 フレグランスジャーナル社
刊行年月 2011.10
ページ数 109p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89479-207-4
NCID BB07681734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想