恋するオスが進化する

宮竹貴久 著

動物のオスとメスが出会い、愛し合って子どもを作る-。あなたがそう思っていたら、本書に衝撃を受けるだろう。トゲの生えたペニスで、メスの体を傷つけるマメゾウムシのオス、贈り物の大きさに応じて、交尾の時間を変えるガガンボモドキのメス。生物のオスとメスは、繁殖をめぐって激しく闘争していたのだ!21世紀の生物学界を沸かせ続ける「性的対立」について、その驚きに満ちた事例を次々に紹介する、迫真の最新レポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 愛は戦いである
  • 第1章 性分化-オスは寄生者として生まれた
  • 第2章 異性間選択-選ぶのはメス、泣くのはオス
  • 第3章 同性内選択-戦うオス、企むオス
  • 第4章 精子競争-子宮の中の競争
  • 第5章 性的対立-モテないオスの大暴走
  • 第6章 繁殖コスト-浮気を巡る冒険
  • 第7章 性転換-セックスはそもそもあやふやである
  • 終章 進化が「いいこと」なんて誰が言った?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋するオスが進化する
著作者等 宮竹 貴久
書名ヨミ コイスル オス ガ シンカスル
書名別名 Koisuru osu ga shinkasuru
シリーズ名 メディアファクトリー新書 037
出版元 メディアファクトリー
刊行年月 2011.10
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8401-4276-2
NCID BB0724198X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想