青い森の国  上

菊地秀行 著

縄文期。意識もなく大海で漂流していたヒカリは東北のとある海岸に打ち上げられる。そこにはヒカリと違う文明の人種が暮らしていた。「海辺の村」の老婆コズマと美しい娘サヤの手によってなんとか一命を取り留めたヒカリ。しかし、彼は記憶を失っていた。自分がどこから来たのか、どうして流されていたのか全く覚えてない。村の住人に恩返しをしようとヒカリが動き始めた矢先、村民の子供が何者かにさらわれてしまう。記憶を失っているヒカリは、村の若者ナムと力を合わせ子供の救出に向かうが、人間とは比べものにならないほどの怪力の持ち主半人や凶暴な獣たちがふたりの勇者の行く手を阻む-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青い森の国
著作者等 菊地 秀行
書名ヨミ アオイ モリ ノ クニ
書名別名 Aoi mori no kuni
巻冊次
出版元 竹書房
刊行年月 2011.11
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8124-4707-9
全国書誌番号
22142377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想