アレンスキー : 忘れられた天才作曲家

高橋健一郎 著

19世紀半ばに始まるロシア音楽の流れを引き継ぎ、ラフマニノフらを世に出したアントン・アレンスキー。彼の音楽史上の役割と作品を再発見する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生涯(幼少期
  • ペテルブルグ音楽院での音楽修業 ほか)
  • 第2章 ロシア音楽史におけるアレンスキーの位置(アレンスキー以前のロシア音楽史
  • ペテルブルグ楽派とモスクワ楽派をつなぐ ほか)
  • 第3章 作品(作品の傾向
  • ピアノ小品 ほか)
  • 第4章 忘却と復活(アレンスキーの忘却
  • アレンスキーの復活)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アレンスキー : 忘れられた天才作曲家
著作者等 高橋 健一郎
書名ヨミ アレンスキー : ワスレラレタ テンサイ サッキョクカ
書名別名 Arensuki
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット / ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会 企画・編集 no.168
出版元 東洋書店
刊行年月 2011.10
ページ数 64p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86459-011-2
NCID BB07304004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想