ニコライ堂小史 : ロシア正教受容150年をたどる

長縄光男 著

神田駿河台に響き渡る鐘の音。今ではすっかり風景に溶け込んだニコライ堂をめぐるロシア正教の150年を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ニコライ時代(一八六一年‐一九一二年)(端緒
  • 発展
  • 障壁)
  • 第2部 セルギイ時代(一九一二年‐一九四五年)(受難
  • 復興
  • 受難再び)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニコライ堂小史 : ロシア正教受容150年をたどる
著作者等 長縄 光男
書名ヨミ ニコライドウ ショウシ : ロシア セイキョウ ジュヨウ 150ネン オ タドル
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット / ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会 企画・編集 no.169
出版元 東洋書店
刊行年月 2011.10
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86459-012-9
NCID BB07200097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想