欲ばらないこと

アルボムッレ・スマナサーラ 著

「生きるために欲は欠かせない」「欲がなくなると生きる意欲もなくなってしまう」みなさんの中には、そう考えている方もいるようです。しかし、お釈迦様は「欲があるのは感情が高まった愚かな状態」とおっしゃいます。感情とは心の汚れ。幸福になるためには、理性を育てなければなりません。仏教では、「三大煩悩=貪瞋痴(欲・怒り・無智)」の最初に「欲」を挙げています。そして、「欲」と「怒り」はコインの表裏。表が「欲」で、「怒り」よりも先にあります。ですから、欲が克服できれば、大幅に煩悩をなくすことができるのです。本書では、お釈迦様による欲の分析と克服法を、わかりやすくご紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 欲のみなもと-命と心
  • 第2章 欲の分析
  • 第3章 欲はなぜ悪い-心の汚染図
  • 第4章 解決策-欲と必要を切り分ける
  • 第5章 性欲-解脱を阻むもの
  • 第6章 欲のコントロール
  • 第7章 執着を捨てる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欲ばらないこと
著作者等 Sumanasara, Alubomulle
Alubomulle Sumanasara
アルボムッレ・スマナサーラ
書名ヨミ ヨクバラナイ コト
書名別名 Yokubaranai koto
シリーズ名 役立つ初期仏教法話 13
サンガ新書 13
出版元 さんが
刊行年月 2011.11
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-904507-96-4
NCID BB07654414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想