奇跡の船「宗谷」 : 昭和を走り続けた海の守り神

桜林美佐 著

日本初の南極観測船として知られる「宗谷」。だがそれ以前の「宗谷」について知る人は少ない。耐氷型貨物船として建造され、海軍特務艦となった「宗谷」は、幾多の戦火を潜り抜け、戦後は引揚船として多くの同胞を帰還させた。その後、灯台補給船として全国を巡り、六回の南極観測にも従事。最後は巡視船として北の海の守りにつく。昭和という時代をひたすら働き続けた「宗谷」の生涯を、乗組員や関係者の証言をもとに綴った感動のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「宗谷」はこうして生まれた
  • 第2章 海軍特務艦「宗谷」
  • 第3章 危険な輸送
  • 第4章 祖国へ
  • 第5章 命懸けの逃走
  • 第6章 海のサンタクロース
  • 第7章 「宗谷」南極へ
  • 第8章 「宗谷」外伝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇跡の船「宗谷」 : 昭和を走り続けた海の守り神
著作者等 桜林 美佐
書名ヨミ キセキ ノ フネ ソウヤ : ショウワ オ ハシリツズケタ ウミ ノ マモリガミ
書名別名 Kiseki no fune soya
出版元 並木書房
刊行年月 2011.11
版表示 新装版.
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89063-281-7
NCID BB07609974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想