世界金融危機後の国際経済法の課題 : 日本国際経済法学会年報  第20号(2011年)

日本国際経済法学会【編】

[目次]

  • 世界金融危機後の国際経済法の課題(座長コメント:世界金融危機後の国際経済法の課題
  • グローバルに活動する金融機関の法的規律-世界金融危機とシステム上重要な金融機関 ほか)
  • APEC2010とポスト・ボゴールにおけるアジア国際経済秩序の構築(座長コメント:APECと国際経済法
  • 国際関係の構造変動とAPECの展開 ほか)
  • 自由論題(新旧グローバル化と国際法のパラダイム転換
  • 中国独占禁止法における国有企業の取扱い ほか)
  • 研究ノート(通商法にみる租税措置の意義)
  • 文献紹介(Daniel Bethlehem,Donald McRae,Rodney Neufeld and Isabelle Van Damme(eds.),The Oxford Handbook of International Trade Law
  • Meredith Kolsky Lewis and Susy Frankel(eds.),International Economic Law and National Autonomy ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界金融危機後の国際経済法の課題 : 日本国際経済法学会年報
著作者等 日本国際経済法学会
書名ヨミ セカイキンユウキキゴノコクサイケイザイホウノカダイ : ニホンコクサイケイザイホウガッカイネンポウ : 2011
巻冊次 第20号(2011年)
出版元 日本国際経済法学会
法律文化社
刊行年月 2011.10.30
ページ数 308p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-589-03369-7
ISSN 13421301
NCID BB07076103
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想