ひとはなぜ、人の死を看とるのか

鈴木荘一 著 ; 佐々木久夫 聞き手

[目次]

  • 日本のホスピスの源流
  • 「死の臨床研究会」の発足
  • 死にゆく患者の心理
  • がん告知とインフォームド・コンセント
  • プライマリ・ケアの新たな視点
  • 死を看とる医療の実際
  • 在宅ホスピス、在宅緩和ケアへの展開
  • 生と死を支えるかけ橋
  • スピリチュアルケア
  • ターミナルケアと宗教
  • ターミナルケアとクオリティ・オブ・ライフ
  • 日本人の死生観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとはなぜ、人の死を看とるのか
著作者等 佐々木 久夫
鈴木 荘一
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ヒト ノ シ オ ミトルノカ
書名別名 Hito wa naze hito no shi o mitorunoka
出版元 人間と歴史社
刊行年月 2011.10
ページ数 409p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89007-183-8
NCID BB07127521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想