博物館でまなぶ : 利用と保存の資料論

八尋克郎, 布谷知夫, 里口保文 編著

[目次]

  • なぜ今博物館で資料論なのか
  • 第1部 博物館における資料を考える(博物館資料とは
  • 博物館における資料研究のあゆみ
  • 博物館法にみる資料のとらえ方)
  • 第2部 資料の保存と利用法(失われゆく資料の保存と利用法
  • 記憶の中にある資料の保存
  • 資料情報のネットワーク化)
  • 第3部 博物館資料の新たなかたち(参加型調査による資料収集
  • 博物館資料の新しい利用法
  • 博物館資料論の課題と展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博物館でまなぶ : 利用と保存の資料論
著作者等 八尋 克郎
布谷 知夫
里口 保文
書名ヨミ ハクブツカン デ マナブ : リヨウ ト ホゾン ノ シリョウロン
書名別名 Hakubutsukan de manabu
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2011.10
ページ数 158p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-486-01837-7
NCID BB07147019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想