新編男の作法 : 作品対照版

池波正太郎 著 ; 柳下要司郎 編

男をみがく。生き方を考える。文豪が説く「粋」の真髄とは。男をみがくとは、どういうことか?「食べる」「住む」「装う」「つき合う」「生きる」-それぞれの場面で文豪が説く「粋」の真髄を、数ある池波作品から収録、再編集した新編・作品対照版。味わい深い言葉の数々が、作品中の人物や出来事や風物と呼応する。池波ファンはもとより、読んだことのない方の入門書としても最適の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 食べる-店構えの見方から鮨・そばの食べ方まで(食べもの屋というものは、店構えを見ればだいたいわかっちゃう。-店構え
  • たいていの人はわさびを取ってお醤油で溶いちゃうだろう。あれはおかしい。-わさび ほか)
  • 2 住む-家の建て方から男をみがく暮らし方まで(ぼくの家は、ドアというものは一つしかないんだ。一階便所のドアだけ。あとは全部引き戸。-引き戸
  • 狭い四畳半に応接セットを買い込んでドカンと置く。どうにもならないよ(笑)。-日本間 ほか)
  • 3 装う-靴・ネクタイの選び方から男の顔のつくり方まで(いまの女は、亭主が出かけるときに靴をみがくなんて思ってもいないのかねえ。-靴
  • 自分に合う基調の色というものを一つ決めれば、あとは割合にやりやすいんだよ。-ネクタイ ほか)
  • 4 つき合う-約束の仕方から男を上げる女とのつき合い方まで(百円を出すことによって、本当に「ありがとう」と言っているんだということがわかるわけなんだよ。-チップ
  • 一所懸命このネクタイを選んでくれたんだなあということが通じれば、それはそれでいいと思う。-贈りもの ほか)
  • 5 生きる-仕事の仕方から理想の死に方まで(楽しみとしてやるのでなかったら続かないよ、どんな仕事だって。努力だけじゃ駄目なんだ。-楽しみ
  • 麻雀ほど、肝心の若い人の時間を無益に過ごさせる賭け事はないんだよ。-麻雀 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編男の作法 : 作品対照版
著作者等 柳下 要司郎
池波 正太郎
書名ヨミ シンペン オトコ ノ サホウ : サクヒン タイショウバン
書名別名 Shinpen otoko no saho
シリーズ名 サンマーク文庫 い・2・1
出版元 サンマーク
刊行年月 2011.10
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7631-6005-8
NCID BB07518427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想