姜尚中を批判する

鄭大均 著

正義の徒か偽善者か?半島と列島のタブーを日韓関係論の第一人者が解剖する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 姜尚中を批判する(着せ替え人形としての母
  • 在日はなぜ嫌われたのか
  • アメリカ移民や満洲引揚者の場合
  • 善人と悪人の境界
  • 美しい復讐の時代
  • つかこうへいと姜尚中)
  • 2 民団・総連「和解」の茶番劇(在日が「人生に失敗する」ことの勧め
  • 民団・総連「和解」の茶番劇
  • 韓国人にとってナショナリズムとは何か
  • いま韓国民団に問われていること
  • 在日コリアンの贈り物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姜尚中を批判する
著作者等 鄭 大均
書名ヨミ キョウ ショウチュウ オ ヒハンスル : ザイニチ ノ ギセイシャセイ オ ウリモノ ニ スル シンポテキ ブンカジン ノ コウザイ
書名別名 「在日」の犠牲者性を売り物にする進歩的文化人の功罪
出版元 飛鳥新社
刊行年月 2011.10
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86410-111-0
NCID BB07642390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22303715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想