R3コミュニケーション

恩蔵直人, 井上一郎, 近藤和正, 関良樹, 多田俊明, 田中英夫, 益田一 著

企業から顧客への一方向的な情報発信は、R3コミュニケーションにおきかわる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問題提起
  • 2 企業と消費者の関係はよりフラットに
  • 3 ブランド体験できるすべての顧客接点がメディアである
  • 4 新しいコミュニケーションデザインフレーム「R3」の提示
  • 5 R3プランニングの実践
  • 6 R3スケールによる効果測定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 R3コミュニケーション
著作者等 井上 一郎
恩蔵 直人
近藤 和正
関 良樹
ADK R3
ADK R3プロジェクト
多田 俊明
田中 英夫
益田 一
恩藏 直人
書名ヨミ R 3 コミュニケーション : Relevance Reputation Relationship : ショウヒシャ トノ キョウドウ ニ ヨル アタラシイ コミュニケーション ノ カノウセイ
書名別名 R3 COMMUNICATION

R3 COMMUNICATION : Relevance, Reputation, Relationship : 消費者との「協働」による新しいコミュニケーションの可能性

R 3 komyunikeshon
出版元 宣伝会議
刊行年月 2011.8
ページ数 180p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88335-252-4
NCID BB07341714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想