現代物理学の基礎  3

大沢文夫 ほか編 ; 湯川秀樹 監修

湯川の手になる前期量子論から量子力学の成立にいたる過程の解説を経て、以下、実験事実と理論的要請から波動力学を導き、量子力学の基本構成を解説する。さらに摂動論や相対論との関係を議論する。そして多体系への適用から場の理論へと進む。随所に独創的な視点からの記述が施され、今日においても示唆に富む教科書となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史的序論(古典物理学から量子力学へ)
  • 2 量子力学の構成(波動力学の導入
  • 量子力学の形成
  • 量子力学の基礎体系)
  • 3 量子力学の展開(典型的な状態の構造
  • 近似法
  • 量子力学と相対論
  • 力学系の対称性)
  • 4 多粒子系と場(多粒子系の量子力学
  • 場の量子論
  • 拘束のある系に対する正準理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代物理学の基礎
著作者等 並木 美喜雄
位田 正邦
大沢 文夫
江沢 洋
湯川 秀樹
田中 正
豊田 利幸
高木 修二
書名ヨミ ゲンダイ ブツリガク ノ キソ
書名別名 岩波講座現代物理学の基礎

量子力学. 1

Gendai butsurigaku no kiso
巻冊次 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.9
版表示 新装版.
ページ数 682p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-029803-2
NCID BB07002876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
量子力学. 1 並木美喜雄, 位田正邦, 田中正, 豊田利幸, 高木修二, 江沢 洋, 湯川 秀樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想