高松次郎 言葉ともの : 日本の現代美術1961‐72

光田 由里【著】

後期資本主義が終わりにさしかかった現在、"かつては存在したが今はすでに断絶してしまった「現代美術」の本質を、高松次郎を通して"考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "点"と"紐"-「点と線」あるいは「針金と紐」
  • 第2章 不在体、不在の部屋、不在性
  • 第3章 "影"連作-ハプニングと絵画論
  • 第4章 "影"における存在論と絵画論-穴と鏡のあいだに
  • 第5章 "影"と言葉-「影論争」と呼ばれる批評群
  • 第6章 絵画の外側-"影"から生まれるもの
  • 第7章 原理と実在のあいだに-表象のパラドックス
  • 第8章 "題名"という題名-美術作品への名づけ/ものと言葉の接面
  • 第9章 言葉と言葉でないもの-"The Story"と反記述

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高松次郎 言葉ともの : 日本の現代美術1961‐72
著作者等 光田 由里
書名ヨミ タカマツジロウコトバトモノ : ニホンノゲンダイビジュツセンキュウヒャクロクジュウイチナナジュウニ
出版元 水声社
刊行年月 2011.10.10
ページ数 277p
大きさ 20×16cm
ISBN 978-4-89176-856-0
NCID BB06998382
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想