離れていても子どもに会いたい : 引き離された子どもとの面会交流をかなえるために

小嶋勇 著

子どもと一緒に生活している親とそうでない親とが、お互いの立場を理解し合い納得の上で行われるべき面会交流の実現のために、第1部では具体的な事例をあげて親子の面会交流ができなくなった場合の問題点を指摘し、第2部では面会交流に関わる理論的問題を出来る限りわかりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 面会交流をかなえるために 事例編(現代版追い出し離婚
  • 自分の子どもに対する誘拐罪
  • 面会交流拒否の被害者
  • 家庭裁判所、弁護士の役割
  • 調停成立にあたっての工夫 ほか)
  • 第2部 子どもの福祉・人権としての面会交流 理論編(面会交流と法的問題
  • 家庭生活と憲法
  • 面会交流と憲法二四条
  • 家庭生活と国際法
  • 面会交流と子どもの人権 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 離れていても子どもに会いたい : 引き離された子どもとの面会交流をかなえるために
著作者等 小嶋 勇
書名ヨミ ハナレテイテモ コドモ ニ アイタイ : ヒキハナサレタ コドモ ト ノ メンカイ コウリュウ オ カナエル タメニ
書名別名 Hanareteitemo kodomo ni aitai
出版元 生活書院
刊行年月 2011.9
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903690-80-3
NCID BB06974872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想