怪奇クラブ

マッケン アーサー【著】<Machen Arthur>;平井 呈一【訳】

罪とエクスタシーの作家アーサー・マッケン。イギリス怪奇小説の黄金期を代表する彼の作品は、いずれも妖しいまでの白光に包まれている。本書には、白い粉薬を飲んだがために肉体が溶けてしまう青年を描いた「白い粉薬のはなし」をはじめ、円環をなす一連の奇譚を集めた表題作に、"聖杯"をテーマにすえ、怪奇小説のひとつの終点をも暗示する「大いなる来復」を併せて収録した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怪奇クラブ
著作者等 Machen, Arthur
平井 呈一
マッケン アーサー
書名ヨミ カイキクラブ
シリーズ名 創元推理文庫
出版元 東京創元社
刊行年月 2011.9.16
版表示 23版
ページ数 300p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-488-51001-5
NCID BN11321872
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想