ドラッカー理論で改革する病院経営

竹林 和彦【著】

ドラッカー理論を経営の指針とし、経営を再建、軌道に乗せた体験の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜドラッカーか(病院がおかれた危ない状況
  • 病院(非営利法人)といえども利益は必要である ほか)
  • 第2章 マネジメントの創造(病院のマネジメントを囲む経営環境と必要な準備
  • 基本理念と職業意識 ほか)
  • 第3章 実務の創造(心の健康回復をめざす総合医療施設
  • 認知症の話をしよう ほか)
  • 第4章 人の創造-次世代の医療業務を担う人材教育(若い人材を長く定着させるために
  • 教育は最大の仕事 ほか)
  • 第5章 経営を支える言葉と想い(自分の哲学を持つこと!(ハワイで会った大富豪の話)
  • 政策で景気は良くならない! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドラッカー理論で改革する病院経営
著作者等 竹林 和彦
書名ヨミ ドラッカーリロンデカイカクスルビョウインケイエイ
出版元 悠飛社
刊行年月 2011.8.26
ページ数 170p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-86030-167-5
NCID BB06740725
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想