特集 描画は中間表現型になりうるか : 臨床描画研究  Vol.26

日本描画テスト・描画療法学会【編】

[目次]

  • 特集 描画は中間表現型になりうるか(特集にあたって 臨床描画は遺伝学でいう中間表現型(endophenotype)の候補になりうるか
  • アスペルガー障碍における創造的営為
  • 思春期問題少年の研究と治療-精神療法を中心として ほか)
  • 特別講演 実存分析の非言語的な側面
  • 特別寄稿(解決志向セラピー(Solution Focused Therapy)と描画
  • TF‐CBT(トラウマ焦点化認知行動療法)グループ療法におけるアートワークの試み)
  • 研究論文(中学生における自尊心の質と適応に関する一研究-質問紙法と樹木画テストとの比較検討から
  • 表現補助としてのコラージュの試み-デイケアで社会復帰につながった1事例を通して
  • 樹木画法における根の解釈仮説の検討-自我機能と攻撃性との関連 ほか)
  • 資料 統合型HTP法に関する基礎的研究-描画順について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 描画は中間表現型になりうるか : 臨床描画研究
著作者等 日本描画テスト・描画療法学会
日本描画テスト描画療法学会
書名ヨミ トクシュウビョウガハチュウカンヒョウゲンガタニナリウルカ : リンショウビョウガケンキュウ : 26
巻冊次 Vol.26
出版元 北大路書房
日本描画テスト・描画療法学会
刊行年月 2011.9.10
ページ数 245p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7628-2758-7
NCID BB06718318
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想