中華民国の憲政と独裁

久保亨, 嵯峨隆 編著

民国期中国(1912‐1949)において、憲政という理念の系譜とそれにかかわる政治的自由のありよう、また同じく憲政の枠組みによって実現された一党独裁、という一見相反する政治的現象を関連づけながら考察し、現代中国への道程と、今に続く課題を考える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中華民国の憲政と独裁
  • 中国第三勢力評価の問題-政治史と政治思想史との間
  • 自由への礼賛と批判-陳独秀・胡適・毛沢東・孫文の相剋
  • 伝統文化と近代中国の政治思想
  • 民国憲政の二つの潮流
  • 憲政をめぐる公共空間と訓政体制-1944年重慶の政治過程
  • 抗戦前夜の中国社会論とリベラリズム-章乃器を素材として
  • 民国期教育におけるプラグマティズムと民主主義
  • 国民革命とアナキズム
  • 連邦論と1920年代の連省自治運動-呉佩孚の政治思想を中心に
  • 同時代日本の中華民国認識-矢野仁一の中国論を中心に
  • 民国史論への道-その継承と発展のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中華民国の憲政と独裁
著作者等 久保 亨
嵯峨 隆
書名ヨミ チュウカ ミンコク ノ ケンセイ ト ドクサイ
書名別名 Constitutional Government and Dictatorship of Republican China

1912-1949
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.9
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1874-3
NCID BB06779221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22607766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想