現代物理学の基礎  2

大沢文夫 ほか編 ; 湯川秀樹 監修

相対性理論、熱力学および古典統計力学について、理論体系のそれぞれの特徴を抽出し、しかも新しい視点を与える。たとえば相対性理論は古典物理学を統一する枠組みとして明確に示す。最後に古典物理学的世界像とは何かを呈示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部 相対性理論(Galilei変換と力学法則
  • Lorentz変換
  • Lorentz変換から物理学の幾何学化へ)
  • 第4部 巨視的状態の概念(仕事と熱
  • 熱平衡と温度
  • エントロピー
  • 相対論的熱力学
  • 微小系とゆらぎ)
  • 第5部 古典力学の確率論的取扱い(力学系とその観測量
  • 確率論的古典力学
  • 衝突過程とエルゴード性)
  • 第6部 古典物理学的世界像(古典力学の世界
  • 相対論の世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代物理学の基礎
著作者等 大沢 文夫
湯川 秀樹
碓井 恒丸
豊田 利幸
河辺 六男
書名ヨミ ゲンダイ ブツリガク ノ キソ
書名別名 古典物理学. 2

Gendai butsurigaku no kiso
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.8
版表示 新装版.
ページ数 389p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-029802-5
NCID BB06707479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古典物理学. 2 碓井恒丸, 豊田利幸, 湯川 秀樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想