現代物理学の基礎  1

大沢文夫 ほか編 ; 湯川秀樹 監修

古典力学は、相対論や量子論への飛躍のためにどのような足場を用意したか。また古典電気力学は、いかに完成に至ったか、とくにエーテル理論の歴史的役割を見直す。理論の発展に対する湯川博士の視座が光る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 物質と空間と時間(物体の運動
  • 運動と力とに関する諸法則
  • 連続体の力学)
  • 第2部 光と電磁場(光とエーテル
  • 電磁場と電子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代物理学の基礎
著作者等 大沢 文夫
湯川 秀樹
碓井 恒丸
豊田 利幸
河辺 六男
書名ヨミ ゲンダイ ブツリガク ノ キソ
書名別名 古典物理学. 1

Gendai butsurigaku no kiso
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.8
版表示 新装版.
ページ数 506p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-029801-8
NCID BB06707479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古典物理学. 1 河辺六男, 豊田利幸, 湯川 秀樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想