西部戦線異状あり

河内恵子 編著

第一次世界大戦によって束縛から解き放たれた女たちが向かったのは、女であるがゆえに立つことを許された中途半端な場所、中間地帯(ノーマンズランド)であった。戦争を生き抜いた8人の女性作家たちの強い視線を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに戦争ありき-中間地帯(ノーマンズランド)の女性作家たち
  • 戦争の影を求めて-『歯科記録』からドロシー・リチャードソンの『遍歴』を読む
  • 女たちの戦争-レベッカ・ウエストの『兵士の帰還』を読む
  • もう一人のジェイコブ-ヴァージニア・ウルフの『ジェイコブの部屋』と戦争
  • 不在の戦争、あるいは享楽の反復-キャサリン・マンスフィールドの「至福」を読む
  • 心に開いた生の傷-メイ・シンクレアの『ロマンティック』を読む
  • 「戦争は私の信念を裏切り、私の愛を嘲った」-ヴェラ・ブリテンの『青春の遺言書』と『暗い満ち潮』を中心に
  • 中間地帯という居場所-ラドクリフ・ホールの『孤独の泉』を読む
  • 母と娘が紡ぐ残酷物語-ヘレン・ゼナ・スミスの『西部戦線異状あり 戦争の継子たち』を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西部戦線異状あり
著作者等 出淵 敬子
大道 千穂
河内 恵子
遠藤 不比人
上田 敦子
出渕 敬子
書名ヨミ セイブ センセン イジョウ アリ : ダイ 1ジ セカイ タイセン ト イギリス ジョセイ サッカタチ
書名別名 第一次世界大戦とイギリス女性作家たち
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.8
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1848-4
NCID BB06577136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22607771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想