芭蕉たちの俳句談義

堀切実 著

芭蕉は門人たちに俳句をどのように教えていたのか。また門人たちはそれをどう受けとめ、作句に生かしたのか。『去来抄』にまなぶ、俳句表現の新しい手引き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 芭蕉劇場(芭蕉劇場
  • 雉子は恋に痩せるか ほか)
  • 第2章 こどもの秀句、おとなの醜句(視点は自由自在
  • こどもの秀句、大人の醜句 ほか)
  • 第3章 切れこそ句のいのち(イロニーは俳句の心
  • 富士には月見草、馬には梨子の花 ほか)
  • 第4章 猫の恋、人の恋(丈草の真情、芭蕉の心情
  • 猫の恋、人の恋 ほか)
  • 第5章 「かるみ」談義(時鳥の景情、明石の景情
  • 景情ありのまま-蕉門のめざしたもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉たちの俳句談義
著作者等 堀切 実
書名ヨミ バショウタチ ノ ハイク ダンギ
出版元 三省堂
刊行年月 2011.9
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-385-36573-2
NCID BB0676924X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想