実証性のある校内研究の進め方・まとめ方 : Q-Uを用いた実践研究ガイド

河村茂雄 編著

[目次]

  • 第1章 教育実践の成果を共有するために(研究紀要はなぜ活用されないのか
  • 自らまとめたり発信したりすることの必要性 ほか)
  • 第2章 Q‐Uを活用した教育実践の基本構造(Q‐Uを研究に活用する際の基本的な考え方
  • Q‐Uを活用した構造別の展開モデル)
  • 第3章 Q‐Uを活用した教育実践の応用(全国平均値と比べるシンプルな展開モデル
  • 高度な展開モデル/比較検討:実験群と統制群)
  • 第4章 実際の学校現場の実践論文に学ぶ(個別学級の取組み
  • 学校全体・専門機関の取組み)
  • 第5章 教育実践論文に活用できる心理統計の基礎知識(質的変数と量的変数
  • アンケートと心理検査の異同 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実証性のある校内研究の進め方・まとめ方 : Q-Uを用いた実践研究ガイド
著作者等 河村 茂雄
書名ヨミ ジッショウセイ ノ アル コウナイ ケンキュウ ノ ススメカタ マトメカタ : Q U オ モチイタ ジッセン ケンキュウ ガイド
出版元 図書文化社
刊行年月 2011.8
ページ数 153p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8100-1591-1
NCID BB06827936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想