南方熊楠とアジア

田村 義也;松居 竜五【編】

南方熊楠(1867‐1941)は、幼少時から本草学など東アジアの学問を学んだ後、米国および英国にわたり、研鑚を積んだ。在英時代以来後年まで書き続けられた英語論文や帰国後の日本語論文、そして膨大に残された書簡類からは、古今東西の文献を用いた独自の比較民俗学的観点や、その領域横断的な関心を垣間見ることができる。本書では、西洋および東アジアのみならず、東南アジア、インド、中近東など広範囲にわたる熊楠の学問の射程のなかでも、特に熊楠のアジアに対する視線を再検証し、その学問を思想史の中に位置づけるとともに、近代日本の一知識人のアジア観に関する新たな視角を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒言 楠方熊楠の現在-資料刊行の進行と南方像の変遷
  • 座談会 南方熊楠とアジア
  • 東アジア的「知」と学問
  • 西欧近代学問との邂逅
  • 近代東アジアへのまなざし
  • 熊楠の思想と生活
  • 博物館紹介 南方熊楠記念館/南方熊楠顕彰館-一次資料を所蔵・展示する二施設
  • 書籍紹介 新しい『南方熊楠大事典』から始まる新しい南方熊楠研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南方熊楠とアジア
著作者等 松居 竜五
田村 義也
書名ヨミ ミナカタクマグストアジア
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2011.8.15
ページ数 247p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22610-9
NCID BB06479476
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想