「歴史」を動かす

小島毅 著

信長、足利義満、清盛など、私たちがよく知っている歴史上の人物は、実際の歴史学の研究で明らかになっている実像とはかなりかけ離れている。たとえば清盛。悪役のイメージが強いが、宋との関係を再構築しようとする国際感覚のある人だった。清盛のイメージは鎌倉時代に作られ、勝者の視点を引きずったまま今日にいたっている。人物だけでなく、南北朝の意味、倭寇の存在、明治維新の背景など、歴史上の事柄はある時代の見方や考え方の影響を受け、常に更新されつづける。日本の歴史を東アジアのなかで見直し、歴史の見方そのものについて考えてみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 近代はいつからか(明治のリーダーたちの一般教養-儒教
  • 日本と朝鮮半島の近代化はどう違う?
  • 近現代史の描き方)
  • 2部 三人の先駆者たち(南蛮貿易と織田信長
  • 勘合貿易と足利義満
  • 日宋貿易と平清盛)
  • 3部 変わりうる歴史認識(なぜ南北朝があってはならなかったのか
  • 南北朝時代の思想的背景
  • 謙信・兼続と鎌倉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「歴史」を動かす
著作者等 小島 毅
書名ヨミ レキシ オ ウゴカス : ヒガシアジア ノ ナカ ノ ニホンシ
書名別名 東アジアのなかの日本史

Rekishi o ugokasu
出版元 亜紀書房
刊行年月 2011.8
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7505-1115-3
NCID BB06467739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22605582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想