妻の四十九日の夜 兄の細君と艶めいた供養 : 昭和の「性生活報告」アーカイブ  11

『性生活報告』編集部【編】

私たちが子どもの頃、三丁目の夕日が沈み、夜の帳が町を覆い、子どもたちが寝息をたてるころに父も母も、隣のおばさんも、魚屋のおじさんも、たばこ屋の看板娘も、大工の棟梁も、縁の下のタマも、昼間とは全く違った顔になります。アドレナリンが身体中を駆けめぐり、互いに執拗に求め合う。そこには、今よりずっと、大らかで、明るく、元気で、激しく、逞しい、「性生活」の営みがありました。凄い昭和のセックス告白目白押し。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 駄菓子屋の人
  • 昭和26年高知市/二年間隠し通した親子丼
  • 結婚を機に義妹と義母、実妹と不貞を
  • 妻の四十九日の夜、兄の細君と艶めいた供養
  • 私の三人プレイ体験記
  • シティホテルの隠し玉作戦
  • 人生に明るさを増した「相互鑑賞」
  • 肛門に魅せられて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妻の四十九日の夜 兄の細君と艶めいた供養 : 昭和の「性生活報告」アーカイブ
著作者等 『性生活報告』編集部
書名ヨミ ツマノシジュウクニチノヨルアニノサイクントツヤメイタクヨウ : ショウワノセイセイカツホウコクアーカイブ : 11
シリーズ名 SUNロマン文庫
巻冊次 11
出版元 サン出版
刊行年月 2011.8.10
ページ数 254p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86444-826-0
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想