月岡芳年の世界

吉田 漱【監修】;悳 俊彦【編著】

ギュスターヴ・モローやピアズリーに代表される世紀末美術にははるかに遠い日本で、同じ十九世紀末にひとりの異色画家が誕生した。月岡芳年-。"最後の浮世絵師"といわれ、同時に日本近代における"最初のイラストレータ"と評される彼。本書は、今まで残酷絵の画家としてばかり知られてきたこの月岡芳年の世界にスポットをあて、広い視野、広範な画域のなかから秀作を厳選。芳年の画業を集大成している。大英博物館の協力を得て、日本初紹介の芳年の下絵も一挙に公開。妖しげな世紀末という時代を生き抜いた一人の画家の業績が今、甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血と情念の美(残酷絵のなかの美)
  • 第2章 武者と物語の人物(武者たちの勇姿
  • 物語を構成する人物)
  • 第3章 女性美の世界(女たちの風俗
  • 物語を彩る女性たち)
  • 第4章 怪異と幻想の世界(現代に蘇る妖怪たち
  • 幽霊の世界)
  • 第5章 戯画とさまざまなテーマ(芝居絵・役者絵の世界
  • 狂画
  • 動物画
  • 生活のなかの浮世絵)
  • 画稿・挿絵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 月岡芳年の世界
著作者等 吉田 漱
悳 俊彦
月岡 芳年
書名ヨミ ツキオカヨシトシノセカイ
出版元 復刊ドットコム
刊行年月 2010.7.1
ページ数 178p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 978-4-8354-4534-2
NCID BB03342861
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想