「子」のつく名前の誕生

橋本淳治, 井藤伸比古 著 ; 板倉聖宣 監修

[目次]

  • 1 "○子"さん研究、事始め(少なくなった"○子"さん
  • "○子"は「増えはじめた」のか?「始まった」のか? ほか)
  • 2 有名な"○子"さんを探して(有名人の"○子"さん
  • 明治初年の女官の名前 ほか)
  • 3 "○子"の新時代(「"○子"の新時代」とは
  • 一九〇〇年頃のかっこいい"○子"さん-「畠山勇子」と「園田勢子」 ほか)
  • 4 その後の"○子"("○子"と雑誌『青鞜』-"子"の字をつけるのか、つけないのか
  • 当たり前になった女性の"○子")
  • 文献年表 "子"のつく名前の女性史を通して見る民衆中心の日本史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「子」のつく名前の誕生
著作者等 井藤 伸比古
板倉 聖宣
橋本 淳治
書名ヨミ コ ノ ツク ナマエ ノ タンジョウ
出版元 仮説社
刊行年月 2011.8
ページ数 128p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7735-0226-8
NCID BB06649055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22605837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想