慟哭の空 : 史資料が語る特攻と人間の相克

今井 健嗣【著】

航空特攻とはアジア太平洋戦争の後半において、飛行機に爆弾を懸架して、その飛行機の操縦者諸共に連合軍艦船に体当りする攻撃をいう。航空特攻の戦死者3967名(陸軍1456名、海軍2511名)、喪われた飛行機数2583機(陸軍1183機、海軍1400機)。一戦史(航空特攻史)研究家が活写した畢生の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「断 断乎 断」
  • 第2章 何処に逝った出丸中尉
  • 第3章 ニュース映画『陸軍特別攻撃隊』
  • 第4章 『文藝春秋』の皇魂隊
  • 第5章 日記から
  • 第6章 石腸隊の最後
  • 第7章 ミッドウェー海戦と特攻
  • 第8章 恩讐の彼方に(『B29』との戦い)
  • 第9章 戦果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慟哭の空 : 史資料が語る特攻と人間の相克
著作者等 今井 健嗣
書名ヨミ ドウコクノソラ : シシリョウガカタルトッコウトニンゲンノソウコク
出版元 元就出版社
刊行年月 2011.8.15
ページ数 237p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-86106-202-5
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想