延命医療と臨床現場 : 人工呼吸器と胃ろうの医療倫理学

会田薫子 著

[目次]

  • 延命医療問題とは何か
  • 第1部 人工呼吸器をめぐって(延命医療中止問題
  • 人工呼吸器中止に関する調査
  • 医師の意識と実践-法・報道・家族の意思
  • 人工呼吸器の中止とその回避)
  • 第2部 胃ろう栄養法をめぐって(人工的水分・栄養補給法の進展とその問題点
  • 胃ろう栄養法に関する調査
  • 医師の意識と実践-医療システム・法・家族の意思)
  • 終末期医療と日本社会-まとめとして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 延命医療と臨床現場 : 人工呼吸器と胃ろうの医療倫理学
著作者等 会田 薫子
書名ヨミ エンメイ イリョウ ト リンショウ ゲンバ : ジンコウ コキュウキ ト イロウ ノ イリョウ リンリガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2011.7
ページ数 288p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-066407-3
NCID BB06373249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想