共生社会における里山の可能性

共生社会システム学会【編】

[目次]

  • シンポジウム報告論文(地域社会に里山を残せるか-多様な主体による参加型の取り組み構築
  • 里山と生物多様性 ほか)
  • 投稿論文(動物の人間に対する恐怖心を減少させる積極的な処置の検討
  • 道路裁判における道路構造令の意義-公共事業裁判の研究 ほか)
  • 研究ノート(バングラデシュ少数民族居住区の農家経済の現状と課題-コックス・バザール県パネールチョラ集落を事例にして
  • 「適正技術」との対話に向けて-「らせん水車」の過去・現在・未来)
  • 書評(北野収著「国際協力の誕生-開発の脱政治化を超えて-」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共生社会における里山の可能性
著作者等 共生社会システム学会
書名ヨミ キョウセイシャカイニオケルサトヤマノカノウセイ
シリーズ名 共生社会システム研究 Vol.5 No.1
出版元 農林統計出版
刊行年月 2011.7.20
ページ数 224p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89732-224-7
NCID BB06476933
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想