混迷の時代!"社会科"はどこへ向かえばよいのか : 激動の歴史から未来を模索する

片上 宗二;木村 博一;永田 忠道【編】

福澤/諭吉の地理教科書、伊藤博文の修身が公民へと、社会科は戦前にもあった?!敗戦で花形教科となりながら、常に教科アイデンティティを問われている歩みをレポート。その中で、どういう教師がどういう授業ドラマを展開していったか。本格的に研究する人の必読文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 近代への船出!その時、日本に社会科はあったのか?(日本で最初の地理教科書が描いた世界-想像し続け創造に至った福沢諭吉の『世界国尽』
  • 戦前の公民科に見る初期社会科の原型-伊藤博文の修身教育観が内包していたもの ほか)
  • 2章 ここにあり!戦後、社会科誕生のヒミツ(GHQによる修身・国史・地理の授業停止命令-『くにのあゆみ』が果たした役割
  • 草の根からの社会科の立ち上げ-民の動きに刺激された?文部省の模索 ほか)
  • 3章 新教育のスター!社会科の最も熱い時代(代表的な民間教育団体4つの志とその授業-いま、先達が問いかけるもの
  • 「どんな社会を目指すか」燃え上がる実践家の情熱-実験校プランから「山びこ学校」へ ほか)
  • 4章 せめぎ合い!大きな社会科と小さな社会科(危機を迎えた社会科のアイデンティティ-高度経済成長と政治に翻弄される社会科
  • 諸外国の社会科が目指した方向-市民的資質を育成する「意思決定力」とは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 混迷の時代!"社会科"はどこへ向かえばよいのか : 激動の歴史から未来を模索する
著作者等 木村 博一
永田 忠道
片上 宗二
書名ヨミ コンメイノジダイシャカイカハドコヘムカエバヨイノカ : ゲキドウノレキシカラミライヲモサクスル
出版元 明治図書出版
刊行年月 2011.8
ページ数 180p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-18-039627-6
NCID BB06328721
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想