特集 組み込みソフトウェア開発の常識 : ディジタル・デザイン・テクノロジ : 実用的な機能を記述し、基板で動かしてみよう  No.8

ディジタル・デザイン・テクノロジ編集部【編】

マイコンのためのソフトウェアの開発方法を分かりやすく解説します。実際の開発でよく用いられる機能について、C言語で記述しながら説明を進めます。具体的には、液晶表示モジュールへの文字の表示やLEDの点灯制御、スイッチ入力などです。機能ごとの説明だけでなく、複数の機能を組み合わせて実現するアプリケーションの開発についても取り上げます。記事の内容を実際に動作させてみることができるように、小型のマイコン基板を付属しています。第5章までは、付属の基板をそのまま利用できます。はんだ付けは不要です。第6章以降も、わずかな部品の取り付けだけで試すことができます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ターゲット基板の仕様を理解する-付属マイコン基板の概要
  • 付属マイコン基板を動かしてみる-開発環境の準備と動作確認
  • 組み込みソフトウェア開発を体験する-統合開発環境CubeSuiteの使い方
  • オンチップ・デバッグ・エミュレータMINICUBE2を使う
  • LEの点灯と消灯を制御する-ディジタル出力ポートの使い方
  • 決められた時間に従って制御する-タイマ/カウンタ機能と割り込みの使い方
  • オプション部品の取り付け方
  • 液晶表示モジュールを制御する-文字表示ライブラリの作成
  • スイッチの状態を取り込む-ディジタル入力ポートの使い方
  • アプリケーションを作る-インベーダ・ゲームとストップウォッチ
  • 78K0Rマイコンの特徴マイコンの特徴-付属マイコンの特徴
  • USB-シリアル変換IC CP2102の概要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 組み込みソフトウェア開発の常識 : ディジタル・デザイン・テクノロジ : 実用的な機能を記述し、基板で動かしてみよう
著作者等 ディジタルデザインテクノロジ編集部
書名ヨミ トクシュウクミコミソフトウェアカイハツノジョウシキ : ディジタルデザインテクノロジ : ジツヨウテキナキノウヲキジュツシキバンデウゴカシテミヨウ : 8
巻冊次 No.8
出版元 CQ出版
刊行年月 2011.2.1
ページ数 128p
大きさ 28×21cm
ISBN 978-4-7898-4947-0
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想