肖像権

大家重夫 著

「インターネットと肖像権」「最近の裁判例の動き‐パブリシティ権の本質に関連して」の重要二章を追加。新たにQ&Aも加え、初心者にも重要ポイントがわかるよう配慮した「肖像権」理解への最良の1冊。最新判例や事件などの豊富な実例をもとに、第一人者が明快に「肖像権」の本質を語り、何が問題なのか、どうすればトラブルを避けられるのかなど、読者の陥りがちな誤解にも触れながら「肖像権」「プライバシー権」の基本的な考え方を示す!著作権研究者・実務者のみならず、マスコミ、エンターテインメント関係者、ウェブサイト運営者まで、必読の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 肖像保護は写真機の発明に始まる
  • 第1章 人格権としての肖像権
  • 第2章 インターネットと肖像権
  • 第3章 パブリシティ権とはどんな権利か-財産権としての肖像権
  • 第4章 物にパブリシティ権があるか
  • 第5章 最近の裁判例の動き-パブリシティ権の本質に関連して
  • 付録 肖像権Q&A

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肖像権
著作者等 大家 重夫
書名ヨミ ショウゾウケン
書名別名 Das Recht am eigenen Bild
シリーズ名 Uni intellectual property books no.14
出版元 太田
刊行年月 2011.8
版表示 改訂新版
ページ数 310p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7783-1264-0
NCID BB06344659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22581755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想