神焔のカグラ : 恋する炎と魔を断つ剣

箕崎 准【著】

八百万の神々が突如姿を消した日本。湖月町を拠点に新たな神々の再降臨計画が進む中、その隣町「大月市」では今も神々の不在により浄化されず澱んだ穢魂が起こす霊的な災厄に幾度となく見舞われていた。そんな災厄都市に引っ越してきた真阪木和哉だが、その新居は原因不明の発火現象によっていきなり全焼。穢魂によって生まれた怪物が現れる。万事休すと観念しかけた和哉を助けたのは、チビッこい女神カグラと巫女の鏡火。お互いにまったく面識はない二人だが、それぞれ和哉に用事があったりなかったり。住む家を失ったばかりの和哉は、鏡火の住む神社に転がり込むことになるのだが、そのせいで新たな事件に巻き込まれてしまうのだった…。『アネかみ!』(一迅社文庫刊)と世界観を同一とする伝奇ファンタジー、ついに登場。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神焔のカグラ : 恋する炎と魔を断つ剣
著作者等 箕崎 准
書名ヨミ シンエンノカグラ : コイスルホノオトマヲタツケン
シリーズ名 一迅社文庫
出版元 一迅社
刊行年月 2011.8.1
ページ数 318p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-7580-4244-4
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想