地球温暖化の現状と国際交渉の行方

関西唯物論研究会【編】

[目次]

  • 特集1 地球温暖化の現状と国際交渉の行方(2010年猛暑の中から"Climategate"を考える
  • カンクン合意後の地球温暖化交渉の行方)
  • 特集2 労働者・市民と哲学(働くものの哲学、その基礎と実践
  • 若い人へのアプローチ-運動家としての立場から)
  • 論文(Fテーゼと「序言定式」の統合的解釈-グラムシのマルクス継承とその展開(1)
  • 『教行信証』の構造と"親鸞=悪人正機説"の再考
  • 生物多様性について考える-原生自然と里地里山)
  • 書評
  • 読書ノート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球温暖化の現状と国際交渉の行方
著作者等 関西唯物論研究会
書名ヨミ チキュウオンダンカノゲンジョウトコクサイコウショウノユクエ
出版元 文理閣
刊行年月 2011.6.25
ページ数 118p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89259-659-9
ISSN 09151974
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想