21世紀の心の処方学 : 医学・看護学・心理学からの提言と実践

丸山 久美子【編著】

いのちと生活を煩わせ、脅かす多くの難題に立ち向って生きている私たちに、「心の科学」の先端に立つ専門家が結集し、「21世紀の生き方の処方学」を明示する画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生と死を見つめる(生命といのちを診る-ホスピスの原点
  • 終末期がん患者のケアと心-癒しの手と眼差
  • 高齢社会と鬱病-高齢者鬱病治療の将来 ほか)
  • 第2部 生と死の質を測る(21世紀の医学教育とQOL-医学の原点と緩和医療
  • QOLが目指すもの-QOLは医療の世界を変えたのか
  • 終末期がん患者のQOL評価-研究と臨床の倫理一考 ほか)
  • 第3部 心の科学が幸福を処方する(意思決定と幸福-自分の幸福の選び方
  • 公的権威と社会的責任-コンプライアンスからアドヒアランスへ
  • 健康過敏症候群-健康願望を肥大化させるもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀の心の処方学 : 医学・看護学・心理学からの提言と実践
著作者等 丸山 久美子
書名ヨミ ニジュウイッセイキノココロノショホウガク : イガクカンゴガクシンリガクカラノテイゲントジッセン
出版元 アートアンドブレーン
刊行年月 2008.11.28
ページ数 292p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-901016-29-2
NCID BA88252373
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想