"ISC・21"版紀要 : IPHIGENEIA  第2号

[目次]

  • 合評会 今福龍太著『ブラジルのホモ・ルーデンス』-サッカー批評原論(月曜社、2008年)
  • 合評会 西谷修著『理性の探求』(岩波書店、2009年)
  • 書評 『近代スポーツのミッションは終わったか-身体・メディア・世界』(稲垣正浩・今福龍太・西谷修著、平凡社、2009年)を読んで考えた「スポーツ」
  • 研究ノート 調教という名の祈り-モンゴル競馬フィールドノート
  • エッセイ 誤審について考えたこと
  • 研究ノート 河童が火を乞う性分と鉄を嫌う性分について-坂上田村麻呂伝説を手懸りにして
  • 研究ノート 人見絹枝の実像を求めて
  • 研究ノート 戦術から観たサッカー-2010年ワールドカップ南アフリカ大会から
  • 研究報告 「方相氏」と「枝引きずり遊び」
  • 研究ノート 体操競技にみる「理性」と「狂気」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 "ISC・21"版紀要 : IPHIGENEIA
書名ヨミ ISC21バンキヨウ : IPHIGENEIA : 2
巻冊次 第2号
出版元 叢文社
刊行年月 2010.12.20
ページ数 293p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7947-0662-1
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想