マーク・トウェイン 研究と批評  第10号

日本マーク・トウェイン協会【編】

特集 マーク・トウェイン没後一〇〇周年記念大会(国際フォーラム) "シンポジウム"Is Mark Twain Dead?-マーク・トウェインの文学的遺産

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マーク・トウェイン没後一〇〇周年記念エッセイ 偉大な「一人」のマーク・トウェインを思う
  • シリーズエッセイ マーク・トウェイン研究余話7-耳の作家マーク・トウェイン
  • 特集 マーク・トウェイン没後一〇〇周年記念大会(国際フォーラム)(マーク・トウェインの「文学遺産の箱」を編集して-「マーク・トウェイン・ペーパーズ」での四〇年
  • マーク・トウェインとは誰か? ハースト教授と語る-母に届かなかった手紙
  • ホワイト・ライト/ホワイト・スノウ
  • マーク・トウェインの自己形成とナショナル・アイデンティティ
  • 生まれ変わるマーク・トウェイン
  • 総括コメント)
  • 特集 Is Mark Twain Dead?-マーク・トウェインの文学的遺産(日本アメリカ文学会シンポジウム)(マーク・トウェインの文学「史」的遺産-四つの文学史を辿りつつ
  • 『ハックルベリー・フィンの冒険』と『行け、モーセ』-トウェインの後継者としてのフォークナー
  • 闖入する作者-ヴォネガットのストレンジャーたちをめぐって
  • 欲望の荒野-トウェインとヘミングウェイの楽園
  • 「ハムと卵と風景」-トウェインの食の風景をエコクリティカルに読む)
  • 特別寄稿(死後一〇〇年、誇張されたマーク・トウェインの死
  • 『アーサー王宮廷のコネティカット・ヤンキー』の仕掛けと寓意-パリンプセストとカーニヴァルの共演)
  • シリーズエッセイ マーク・トウェインとわたし17・18(トウェイン時代のアメリカと「外国人」
  • 巨きな森の入口に立つ)
  • 研究ノート トウェインとフィッツジェラルドを結ぶもの-ノスタルジアと女性をめぐって
  • 海外だより バークレイからの便り
  • 書評
  • 追悼文 那須頼雅先生を偲んで
  • 大会報告・大会予告
  • 読者の声

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マーク・トウェイン 研究と批評
著作者等 日本マークトウェイン協会
書名ヨミ マークトウェインケンキュウトヒヒョウ : 10
巻冊次 第10号
出版元 南雲堂
刊行年月 2011.5.25
ページ数 144p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-523-32630-4
NCID BB06481671
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想